本物のアールヌーボーランプの流れを汲むガレ・コレクション

家具・インテリア豆知識&メンテナンス

花の様式と謳われたヨーロッパ19世紀末-アールヌーボー

アール・ヌーボー(フランス語: Art Nouveau)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に花の様式と謳われた美術的運動である。 花や植物などの有機的なモチーフや自由曲線の組み合わせによる従来の様式に囚われない装飾性や、鉄やガラスなどを使用し華やかな美術的な製品が作られました。

エミール・ガレについて

エミール・ガレ
エミール・ガレ(1846-1904)は、この時代を代表するガラス工芸作家として位置づけられています。
1846年フランス・ロレーヌ地方のナンシーに生まれたガレは、幼少の頃より詩、文学、哲学、鉱物学、植物学に深い関心を持ち、また一方では建築学や装飾美術を身につけていきました。
1867年からは父の経営するガラス工場でデザイナーとして働く傍ら、ガラス製品の基礎から様々な実践的技法を習得していきました。こうして後のガレ作品の素地となる広範な教養、独創的なデザインを実現する技術と知識が構築されていったのです。
1877年工場の経営を父から引き継いだガレは、それまでに身につけた広範な教養とガラス製作技術を背景に、それ以前のガラス工芸とは全く異なる、斬新な作品を次々に生み出してきました。
1889年と1900年のパリ万博への出品作品はグランプリを受賞し、ここにガレはアールヌーボー芸術の頂点を極めました。

従来のガレ風ランプとGALLE COLLECTION(ガレコレクション)の違い

従来よりガレのランプのレプリカは数多く作られていますが、そのほとんどはガレのオリジナルのランプをそのままコピーした、キノコの形をしたものです。
GALLE COLLECTIONのシリーズは、単なるガレランプの模倣ではなく、そのガラスの製法と作風を生かしつつ、これをクラシックスタイルのメタルフレームと組み合わせることで生み出された、全く新しいデザインの照明器具です。
これによりシャンデリア、ブラケット、テーブルスタンド、ペンダント、フロアースタンドなど、様々なバリエーションを組み合わせることも可能になりました。「ガレといえばキノコのスタンドだったけれど、これは新しい」とご好評をいただいております。また、従来のガレ風スタンドは、あくまで「置物」でしたが、GALLE COLLECTION(ガレコレクション)シリーズは、高い装飾性も兼ね備えつつ、照明器具としても十分実用可能なものとなっております。

ルーマニアで蘇るガレのガラス芸術

なぜフランス本国ではなく、ルーマニアの工房にガレレプリカが多いのか、ということをよく聞かれますが、その背景の一つには、当時のガレ工房いで働いていたイタリア人ガラス工芸作家モンテッシーの存在があります。
ガレの死後もその工房と職人は彼の遺族に引き継がれ装飾性の高いガラス(ガレ経営時よりも量産性の高い製品を中心として生産)の生産を続けましたが、その後のアール・デコの台頭、世界恐慌のあおりを受け1931年に閉鎖されるに至りました。その後モンテッシーは、ルーマニアに移り住み、彼がガレ工房いで身に着けた豊かな技術とその作風を伝え、多くのガラス工芸職人を育てたのです。
今日、ルーマニアにはガレ風のガラスを生産する工房はいくつかありますが、その全てがこのモンテッシーの伝えたガラス工芸の流れを汲むものと言ってよいでしょう。
GALLE COLLECTION(ガレコレクション)のガラスはこうした工房のうち、特に優れた技術を擁する二つの工房により生産されています。
具体的な製法として、「カメオ彫り」という製法があり、これは非常に多くの時間と人手を要求するもので、3~4色のガラス生地を重ね、耐酸性のワックスなどで文様となる部分をマスキングした上でフッ化水素と硫酸の混合液に浸け表面のガラス層を腐食させる作業を繰り返す。これにより文様を掘り出していく製法で今日の先進国ではコスト的に再現不可能でいってよいでしょう。このため、現在のフランスやアメリカなどで多く作られている「ガレ風ガラス」の多くは、サンドブラスト製法(文様をマスキングした上で金剛砂をい吹付てガラスを削る方法)によるものであり、一見似たもののように見えますが、微妙な風合いや趣の点で、本来のガレの製法によってつくられた製品とは大きく異なります。

自然をモチーフとしたガレ

ガレが、主に植物や樹木、昆虫といった「自然」をモチーフとしていたことはよく知られています。この背景には彼自身の植物に対する深い興味と愛情、さらには「自然の中にこそ美が存在する」という美意識がありましたが、このことを表す彼の言葉に次のようなものがあります。
「自然を前にして感動すること。この無垢な美しさに心打たれること。命あるもののうつろいの早さを惜しむこと。傷心の日には、花という清らかはかない存在を心の友とすること。どれもが装飾芸術の秘訣なのです」。(E・ガレ)

総真鍮製メタルフレーム

GALLE COLLECTION(ガレコレクション)のメタルフレームはスペイン製のものを使用しております。すべて真鍮製で装飾部分には重厚な鋳物が使われています。ガラスの模様との組み合わせにより、様々な表情をお楽しみください。
  • アンティークブロンズAntique Bronze
    アンティークブロンズ
  • ダークブロンズDark Bronze
    ダークブロンズ
  • マッドブロンズMatt Bronze
    マッドブロンズ
  • フレンチゴールドFrench Gold
    フレンチゴールド

アールヌーボーランプ・ガレコレクションシリーズセレクション

ガレと言えば、キノコ型のテーブルランプを想像されますが、ガレコレクションは、現代の生活に合わせシャンデリアやブラケットなど斬新なデザインの照明を提案してまいります。

ご注文の流れ

ご注文
カゴに入れる
「カゴに入れる」ボタンをクリックすると「現在のカゴの中」に数量と金額が表示されますので「カゴの中を見る」ボタンをクリックしてください。
お客様情報
お客様情報
「購入手続きへ」ボタンをクリック後、会員登録がお済みの方はログインしてください。登録されていない方は、登録をお願いします。登録せずに購入することも可能です。
購入手続き
購入手続き""
お届け先の指定やお支払い方法等をご入力いただきましたら、内容をご確認の上、ご注文完了ページへお進みください。当店より受付確認メールが自動配信されます。
入金・発送
入金・発送
当店で入金確認ができ次第、入金確認メールを配信するとともに商品の発送準備を進め、発送が完了しましたら、メールでお知らせいたします。

インフォメーション

お支払いについて

当店では、 クレジットカード決済、 代金引換、 ジャパンネット銀行(先払い )、 郵便振替(先払い)、 銀行振込(先払い)、 現金書留、 ZEUSクレジット、 をご用意しております。
クレジットカード決済
代金引換
代引き手数料(660円~)がかかります。
ジャパンネット銀行(先払い )
銀行口座は、「ご注文承諾メール」にてお知らせいたします。
振り込み手数料はお客様負担でお願いします。
郵便振替(先払い)
ゆうちょ銀行口座は、「ご注文承諾メール」にてお知らせいたします。
振り込み手数料はお客様負担でお願いします。
銀行振込(先払い)
銀行口座は、「ご注文承諾メール」にてお知らせいたします。 振り込み手数料はお客様負担でお願いします。
現金書留
書留の加算料金はお客様負担でお願いします。
ZEUSクレジット
ZEUSクレジット

ご利用案内

お問い合わせは、お問い合わせフォームメール、お電話、FAXで受け付けております。
いい家具ネット
〒289-1732 千葉県山武郡横芝光町横芝1319番地
TEL 0479-82-5221
FAX 0479-82-5222
▼営業時間
・ネットでのご注文は24時間受け付けております。
・お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
9:30~18:30(水曜定休)
文字サイズ
大

商品カテゴリー

キーワード検索

検索ワードを入力

いい家具ネット店長の伊藤元雄です。

店長の伊藤元雄です。弊社では、やすらぎの空間を演出する輸入家具、カントリー家具こだわりのインテリア、エクステリアを提案してまいります。

店長プロフィール

いい家具ネットショールーム

水曜定休
千葉県山武郡横芝光町横芝1319番地

ショールーム

は、営業

営業カレンダー

2021年10月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2021年11月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

※赤字は休業日です

第10回店長イラン直接買付ペルシャ絨毯展

伊藤家具店内特設会場にて開催

会期予定:2021年 11/27(土)~29(月) 店長直接買付ペルシャ絨毯展

ガレコレクション
シャンデリア

ガレ工房の流れを引き継ぐ、本場ルーマニア製のシャンデリア照明で、癒しの空間の演出を!
ショールームでの展示もございます。

商工会

弊社は、横芝光町商工会の会員です。

古物商認可証